CiNK - シンク - あらゆる情報システムの開発・運用・保守を。

農業情報システム(自社パッケージ)

– 農場情報システムとは –

農業生産における工程管理の自動化をサポートするシステムです。
作業計画・実績記録・結果集計等の機能を、インストール不要のWebシステムで提供いたします。
使い慣れたパソコンのブラウザでシステムのWebページに接続し、必要事項を入力してお申し込み頂くだけで直ぐにお使い頂けます。

– システムの主要な機能 –

〔台帳管理〕
 圃場情報、圃場地図、作付品目、作業項目、作業者、機材、資材等の農業生産における基本情報の管理。
〔計画策定〕
 作付計画、作業計画、担当者割当、機材使用計画、薬剤投入計画の作成。スマートフォン等を利用した、担当者への作業内容の指示。
〔実績記録〕
 スマートフォン等を利用した、各種実績(生育状況、作業内容、薬剤投入、機材使用、作業者実績)の半自動的な記録。
〔実績評価〕
 記録した実績の集計と可視化。

– 開発の背景 –

農業事業者の国際競争力強化と海外の成長市場への輸出促進のため、農水省が主体となり農業生産を国際水準に高める取組が進んでいます。
その取り組み一つとして事業者への農業生産工程管理(GAP)の普及があり、2030年までにほぼ全ての国内産地での国際水準GAPの実施を目標としています。
また2020オリパラにおける農産物の調達基準は、農水省の「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に沿ったものになります。

GAPとは、農業において食品安全・環境保全・労働安全等を確保するための生産工程管理の取組のことで、認証機関による生産工程の監査に合格するには幅広い農業関連業務の計画と記録が必須です。
当社のシステムは、業務計画と実績記録の自動化をサポートすることで、GAP対応への取り組みに必要な農業従事者の負担を軽減します。

農林水産省:農業生産工程管理(GAP)に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/

農業情報システム

位置情報システム(自社パッケージ)

– 位置情報システムとは –

外勤者や車両等の所在と状況を自動的に一元管理することで、より効率的な業務の割り振りを可能にするシステムです。
本システムはWebサービスとしてAPIの形でご提供いたしますので、貴社の業務システムからほとんどの機能をご利用頂くことができます。
また受託開発の形で本サービスを利用したWebシステムを構築することも可能です。

– システムの主要な機能 –

〔現在位置の報告〕
 外勤者のスマートフォンから現在位置等を自動的にシステムに報告。
〔担当者の検索〕
 指定した外勤者の現在位置を取得。指定した位置から近い順に指定した人数の担当者を抽出。指定した位置から指定した範囲内に存在する担当者を抽出。
〔行動履歴の分析〕
 地図上に担当者の行動履歴をプロット。

位置情報システム 位置情報システム